現在の閲覧者数:

気ままの一人言

数枚の写真を通して私が思ったことを少しばかり綴るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

電車の運転室・・・

 JR九州の筑肥線で活躍する303系・・・
DSCF1723.jpg
赤で縁取りされた強烈なブラックフェース、自車の車系をアピールする303の文字が入ったカオがとても格好いい電車です。


 電車と言えば気になるあの中・・・

 乗務員さんがいなかったので少しばかり覗かせていただきました・・・。


 そう気になるあの中とは、運転室・・・
DSCF1724.jpg
 シックな黒でまとめられた運転台、色んなメーターやモニター、レバーにスイッチ類が並んでますが意外にもシンプルです。


 運転台にもう少しズームしてみます。
DSCF1725.jpg メーター類は電圧、空気圧、速度を示すものが納められていて大きめの速度メーター丸い黒縁には乗り入れ先の地下鉄区間では制限速度が表示されます。

 電車を操作するためのレバー類は左から電車の進行方向を切り替えるレバー、通常は前方に倒されます。
 自動車のATのギアみたいなレバーは、列車のスピードをコントロールするためのもの。
車で言うアクセルとブレーキがまとめられていて、前方に倒すとブレーキが掛かり後方に引くと速度が上がります。

 運転台にある各スイッチ&ボタン類は各照明のスイッチ、信号保安装置の確認ボタン、それにこの電車最大の特徴は乗り入れ先である地下鉄の自動運転に対応するためのスイッチ類が並んでいることです。


 それから最近の電車では当たり前となった電車の状態を逐一表示するモニターもしっかりと備わっています。DSCF1726.jpg
 なんと!表示される内容も運転士、車掌、地下鉄と3種類あるようです。

 なんともマニアックな内容になってしまいましたが・・・
いかがでしたか?電車の運転席・・・。
珍しかったでしょう!?

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。